What's New

       

ついに秘密基地が!

 2004年春に長年求めていた理想の場所を見つけてしまった!
そこは 長野県茅野市から八ヶ岳の方向に向い、森の中をどんどん進むと
トンネルを抜けたように突然目の前に広がる草原!そして八ヶ岳が。

「いったいなんなんだここは?」
と思わせる幻想的な土地に迷い込んだよう

正面に広がる広大な土地は農地になっていて 牧草、ジャガイモ、そば 
これらの栽培をしている。
この景色で朝のコーヒーなんか最高でしょ!

「ここに秘密基地作りたい!」自分の中に沸き起こる情熱がここにもまた。

さてさて何が始まるか?現在プラニング中!

みなさんの勝手なご意見お待ちしております!


あの発見から月日は流れ。。。

11月14日                   レポートby M
いよいよ本日からやっと秘密基地のに第一歩を踏み入れました。
これまで秘密基地のコンセプト、家作りの下調べなどいろいろい考えてきました。この土地は以前は20〜30mはあったであろう赤松林で伐採までは業者がしてくれたもの、松の切り株の抜根作業は自分達でやることに。
  まずは重機のレンタルの手配からはじまり、カナディアンファームのハセヤン、息子の大樹君にも手伝ってもらい、慣れないじろーさんもバックホーを操縦。ハセヤンの華麗な操作術には脱帽です。順調に進むと思いきや、バックホーの爪が取れてしまうなのどのアクシデントに見舞われましたがなんとか1日で40本くらい抜根しました。レンタル期間は延ばして4日間、数えたら200本はありそう・・

 明日も6時から作業開始予定。この景色を見ながらコーヒー飲める日が来ることを夢見て・・・。

じろーさんは操縦がすごく楽しかったそうです。少しずつ上手くなってました。

11月15日 2日目

 目を覚ますと雨。ガーン!  でもカッパを持っていざ出発。昨日はバックホーの爪が取れ修理しながら作業したが、朝頑丈なバケットごと交換、これで取れる心配はない、と思ってるうちに昼前には雨もあがり晴れてきた。あとからハセヤンも来て、さらにカナディアンファームのバックフォーも登場!2台で作業開始、ハセヤンはどんどん根株を抜いていく、まるでゴジラが大暴れしてるみたい。
  自分はそれを横目で見て、不器用さを思い知りながらも、、、汗かきながら作業した。ただ昨日よりはだいぶ扱いにも慣れてきたのでだいぶ動きが良くなった。されどハセヤンのスピードにはかなわない、やっぱすげ〜。


根株は1つ200kgはあるんじゃないかと思う   おっとっと〜傾いた(汗)!

数えたら220本くらいあった、明日も作業はつづく・・・


11月16日 3日目
今朝は早くに土地に来た。山は昨日雪だったようで八ヶ岳は様変わりしていた。ほんとうにきれいだった。こんな雄大な景色をみながらここに住めると思うとワクワクする。天気もよく作業は気持ちよく進んだ。昼にはほとんどの根株を抜き終わり、今度はそれを片づける作業だ。ハセヤンは南西側の低いところにばかでかい穴を掘ってそこに根株を集めて重機で踏んでいった。その後、よけてあった土をかけていく。ニュージーランド人のブレンデンやトレーナーすーさんも手伝いに来てくれて作業に加速度が増した。







根株は昼にはほとんど抜けた。
ブレンデンはNZのPhotgrafer
穴に埋めるため根株を踏んでいるところ


すーさん頑張ってます!


夕焼けの八ヶ岳。八ヶ岳の最高峰「赤岳」の名前の由来は
夕焼けで赤く染まるところかきているそうです。
暗くなっても作業は続いた。ほとんど今日で抜根完了!

親方で師匠でもあるハセヤンと


11月17日 4日目
今朝はファームの仲間 たけろー、まなみも誘って朝飯をもって土地に来た。霜がはってピリピリとした寒さ。7時過ぎに山の方からご来光。夏に見た時は阿弥陀岳の左側からでていた太陽がだいぶ南方向に移動していた。

今日は仕上げで土地の整地をした。ハセヤンのアドバイスもあり、土地の中で一番高かった部分を削って低い方に土を移動した。40cmくらい削っただろうか、それだけでもだいぶ見え方が違う。なんだかんだおかげさまで自分達で無事抜根作業をすることができた。今回自分達で大仕事ができたのもハセヤンの協力なしではできなかったかもしれない、とにかく秘密基地の第一歩を踏み始めた満足感がある。今年はこれで土地を養生して来春から建築のスタートだ。
  メンバーのarajiiさんはここの写真を見て、夏の趣味であるラジコン(ラジコンと言っても大きい飛行機)をここで思いっきり飛ばしたいと話していた。う〜ん楽しそう。われわれもみんなもここで楽しめる空間にしていきたい。トランポリン、プライベートエアー台、スノーシュー、畑、木工・・・夢はふくらむ一方だ!  つづく。

 

index    

2005 にづく

お問い合わせ、御質問はこちらまで